保育所不足への対応

子育てというのは、親にとって非常に大きな仕事の一つです。昔は家で女親が子供を見る、というのが一般的であると言われていましたが、昨今ではそうも行かない事情が多く存在しています。特に女性の社会進出が一般的になっていることもあり、女性も出産後それほど時間をおかずに出社しなければなりません。あるいは、そうしたいという女性も多く存在しています。こういった中で大きなポイントとなっているのが、保育です。

自分達だけでは子供を見ることが難しくなっている時に、子供を預けておくことができるような保育所の存在というのは非常に大きな助けとなることでしょう。しかし、昨今ではこの保育施設について、不足しているということが問題として取り沙汰されることが多くなってきました。最近良く聞く単語の一つとして「待機児童問題」というものがあります。これがまさに保育施設の不足を意味しているものです。

待機児童問題というのは、子供を預けたいと考えているにも関わらず、受け入れることができる保育園の数が不足していることによって、入園待機状態になってしまっている子供が多くなっているという問題です。特に都市部のように女性の就業率が高い場所において発生している問題であり、東京都では全国的に見てもトップクラスの問題が発生しています。このような状況に対しては、民間だけでは対応できない部分多くあり、国や自治体などがどのように対応するのかが注目されています。

保育士を優先で 補助金電子化 企業との協力 リンク集 サイトマップ