保育士を優先で

国や自治体によって行われている、保育所や保育士の不足に対応するための施策として、最初に紹介するのは保育士自身がより仕事をしやすい環境にするということです。保育士もまた仕事をする人の1人であり、この人達が自分の子どもに関して待機児童のような問題を抱えてしまっているのでは、当然保育士人口が不足してしまうことにつながります。特に保育士は男女比率として女性が高い仕事ということもあり、この影響を受けやすい仕事でもあるためです。

そのため、昨今では認可保育所の場合に於いては、親がどのような仕事をしているのか、どのような仕事の仕方をしているのか、ということがポイントで判定されるようになっています。この判定によって、優先順位がつけられて保育施設の入園順位が決まるようになっているということです。この時、保育士の子供については高い順位で入園できるようになるような点数付けを行うように求められるようになっている、というのが昨今の動きです。

こうすることによって保育士不足を解消することができれば、保育園の不足問題を解消するための一助となることが考えられるでしょう。施設があるものの保育士がいない施設が少なくなることで解決を目指すというものです。

保育士を優先で 補助金電子化 企業との協力 リンク集 サイトマップ