補助金電子化

国や自治体が行っている保育に関係する取り組みの一つとして、次に紹介するのは補助金をより受けとりやすくする、というポイントについてです。出産や育児に関しては、国や自治体で利用できる補助金というのがかなり多く存在していますが、これらについては当然手続きが必要であり、特に忙しい時期であるということを考えるとこれが十分に利用できていないという例も多くあると考えられたためです。また、保育所側にこういった業務の一部が委託されてしまっているということも考え、その業務負担を軽減することを目的として取り組まれるようになっているのが、補助金申請のために必要な様々な業務の電子化です。

電子化を行なっていくためには、情報の統一基準というものが必要となり、それに合わせた準備というものが進められるようになっているのが昨今の状況となっています。今はまだ多くの自治体が書類でのやり取りを行なっていますが、特に東京や神奈川のように待機児童問題が大きく取り沙汰されている場所について、民間のシステム会社の協力などを得ながら電子化の取り組みを進めていくことがニュースとなっています。2018年以降、より利用がしやすいような環境が整備されていく予定です。

保育士を優先で 補助金電子化 企業との協力 リンク集 サイトマップ